Albert-Pierre Raymond

創業者、スナップボタンの発明者

1865

RAYMOND, ALLEGRE & GUTTINにより創業

手袋製造業の首都であったグルノーブル。当時24歳の組立工だったアルベール=ピエール・レイモン、彫版士のイッポリート=ブノワ・アレーグル(Hippolyte-Benoît Allègre)、金メッキ工、アレクサンドル・ギュタン(Alexandre Guttin)は手袋用金具の初特許開発の為の協力者となる。

1868

商標「RG」

イッポリート=ブノワ・アレーグルの辞任。 二人の共同経営者Raymond & Guttin は現在もARaymond™商品において効力のあるRGという名の商標を登録。

1872

紐靴の螺旋状フックの発明

Raymond & Guttin 社の初の成功!

1875

グルノーブルの 113 Cours Berriatに会社を構える。

アルベール=ピエール・レイモンは得た資産で1989年アール・ヌーボー様式の建物(100年後の A.Raymondグループ本社)次に息子アシールの為にアール・デコ様式で複製を建設した。

1879

合資会社(SCS/Société en Commandite Simple)となる

Raymond & Guttinが企業を保護し永続させるために選んだ法的会社形体。それは今日2015年もなおレイモン・ファミリーが経営に深いかかわりがあることを示しています。

1886

スナップボタンの発明

手袋製造業は縫製用ボタンとボタンホールに代わるより実用的なシステムを求めていました。アルベール=ピエール・レイモンは「新スプリング留めボタン」または「スナップ・ボタン」を発明しました。直ちに世界的な大成功を収める。

1890

A.Raymond製造所の誕生

アレクサンドル・ギュタンが自分の持ち分をアルベール=ピエール・レイモンに譲渡する。この譲渡で A.Raymond製造所が誕生し、企業はここより家族経営企業となる。

すべての経営者の名前がAから始まる跡取りの家系の始まり。

1898

バーデン州レラッハにドイツ子会社を設立

スナップボタンの発明における特許の知的財産権を守るためにアシーユ ・レイモン(Achille Raymond )は協力者ルイ・モリナールと共にドイツの拠点設置の責任を担った。モリナールは1914年までドイツ拠点の運営を行った。

1900

成功とともに20世紀を迎える

1900年の万博でアイボリーナット・スナップボタンの人形がパリ・グランプリを受賞。

1903

ばね式回転ボタンの発明

自動車車体製造業と馬具製造業の為の留め金と回転ノズルの発明とともに自動車産業進出のはじめの一歩を踏んだ。この第二の発明も世界で大成功をおさめた。

1913

アルベール=ピエール・レイモン死去

偉大な人物で実業家であった彼は社員皆から敬意を表された。この時点で企業はグルノーブルに400人、レラッハに50人を雇用。

1914

Achille Raymond

大実業家
度重なる戦争、経済危機、社会危機が容赦なく襲ってきた時代に会社を救う為、繊維産業、自動車産業など新しい市場に向けて生産内容を多様化した。