Achille Raymond

大実業家

1914 - 1918

第一次世界大戦

スナップボタンは軍事装備と共に新しい市場を開拓。アシーユ・レイモンは砲弾や銃弾用の火薬の製造に身を投じる。召集された男性に変わり女性が製造に励んだ。レラッハの工場はドイツ当局に徴収された。

1919

企業の再生

手袋製造業の国際市場はこの戦争で縮小した結果となりアシーユ・レイモンはアイレット、リベット、回転ノズルなどの製造で多様化させた。またパイプクリップ、ネクタイクリップ、裁縫用指ぬきなど独自の製品も製造した。

1925

VITEXジップファスナーの開始

A.Raymond製造所は戦前の操業レベルに戻る。鍛鋼製ファスリングの登場と40年間にわたって作られることになるVITEXジップファスナーの製造開始。

1925

マリウス・コニル(Marius Conil)

1925年から1933年のドイツ工場長。次にフランス事務所の営業部長になる。1950年代には自動車産業に転換を図った職人の一人。

1933

ジャン・ペロシャ(Jean Perrochat)

レラッハでマリウス・コニルの後を継ぎ、1946年のドイツ企業誕生のキーパーソンとなる。1975年まで指揮。

1935

鍛鋼製クリップの初特許取得

自動車車体製造おけるトリムファスニング

1939 - 1945

第二次世界大戦

1939年にレラッハの工場は「敵」としてドイツ当局に徴収される。イギリス軍下の将校であった息子のアルヴェール・ヴィクトールが捕虜になっていた野営基地からの逃走に成功する。アシーユ・レイモンは1941に死去し、アルベール=ヴィクトールがグルノーブルの本社の経営を指揮することとなった。

1941

Albert-Victor Raymond

戦士
会社に身を投じた人物。理想を捨てることなく長年会社を指揮した。1950、60年代の経済的繁栄は頑健な企業「Raymond社」を作り上げた。