一つの歴史

5世代に渡る起業家

5500人の従業員
1865

Albert-Pierre Raymond

創業者、スナップボタンの発明者
新しいものを開発し、発明したものは特許で保護する。そしてそれを工業化しクライアントと常に緊密であるべしという企業精神と成功のキーポイントを次の世代に伝える。
1914

Achille Raymond

大実業家
度重なる戦争、経済危機、社会危機が容赦なく襲ってきた時代に会社を救う為、繊維産業、自動車産業など新しい市場に向けて生産内容を多様化した。
1941

Albert-Victor Raymond

戦士
会社に身を投じた人物。理想を捨てることなく長年会社を指揮した。1950、60年代の経済的繁栄は頑健な企業「Raymond社」を作り上げた。
1965

Alain Raymond

改革者
アラン・レイモン(Alain Raymond)登場による新しい風の到来。近代化と世界市場の成功により家族経営企業から欧州で1位、世界3位のクリップファスニング分野の国際的なグループへ発展させました。
1999

Antoine Raymond

統一者
彼はビジネスの中心に人を配置します。アントワーヌ・レイモン(Antoine Raymond)はARaymondグループを多文化間協力、専門技術共有の時代に導き常に顧客サービスを提供している。
2015
起業の成功に貢献した5世代に渡る企業家とパートナーたち