1975 - 1999
テクノロジーの前進
クリップによる固定は新しいテクノロジーや環境基準に適応しています。組立技術や素材の習熟は流体コネクタや構造的接着などの新しい専門技術の誕生をもたらしました。

1979

センタリングフィンのナットファスナー

発明者 : v

自動車車体に多く使われる鋼板用ナットの性能を改良。
塗装を傷つけない。

1980

ボルトスタッドファスナー

発明者 : Günther Worker

ボルト軸上の圧力により鋼板中心の組み立てを容易にした。ネジを外すことで解体が可能。自動車製造の燃料チューブ、固定やボディーシェル下のハイドロリックオイルチューブの固定に使用

1981

直径可変チューブ用ブラケット

発明者 : Guy André

ゴムで支えられた部品はいろいろな直径サイズのチューブやケーブルの固定を可能にします。

1989

グリップコネクタ

発明者 : Erminio Moretti

なめらかなプラスティック素材の配線用接続部品。一世代目の把握クリップは1993年から2007年までフランスメーカーの為に3300000個の割合で大量生産された。

1990

ロッキングクリップ

発明者 : Guy André

プラスチック製の2つのパーツで構成。メタルチューブ上でしっかりと支えつモノブロックアダプターを形成するためにぴったりはまります。このシステムは振動を抑えます。ディーゼルエンジンに使用。

1994

スナップオンコネクタ

発明者 : Erminio Moretti

プラスチックコネクタはアダブター上の弾力性があり変形します。手で取り外し可能。ガソリン回路、冷却回路で使用。

1994

ARaypointe XLボルト

発明者 : Bernd Mutz, Klaus Hullmann, Helmo Daler

木製、プラスターパネルの内部に注入する金属ボルト。パネル上に重いものを固定するのが可能。

1995

ファスナーテープ TEDDY

発明者 : Jean-Claude Pommier

生地に直に縫製ができる超薄ファスナーシステム。肌触りの良さが重要な洋服に使用(スポーツ、ランジェリーなど)。

1995

接着システムTECHBOND®

発明者 : Hans-Jürgen Lesser

このファスナー・システム常温では不活性、熱反応で瞬時に活性化する粘着性物質の接着剤です。ガラス、アルミ、鉄素材に使用。

1995

サイレントブロックチューブクリップ

発明者 : A.Raymond company (Germany. Lörrach)

ムース状の熱可塑性ポリマー。ハイドロリックブレーキフルードの循環の際の振動を緩和するのを可能にします。ユニバーサルで無数の使用方法。

1997

接着部分のコーティングプロセス

発明者 : Michel Brémont

接着が必要な表面に固体の状態で接着できる接着剤のコーティング技術。熱反応で粘着性物質は溶け重合します。ガラス、アルミなどすべての表面に使用可能。溶接に代わるソリューションです。

1998

ワイパーノズル

発明者 : Hans-Jürgen Lesser, Mathias Hänsel

液体供給ダクトを接続する連結ケース状のプラスチック製パーツ。フロントガラスとリアガラスに液体を放出するのに使用。

2000 - 2015
生産性の新たなる進路
発想を工業製品化するには有用なアイディアが必要です。発明はすべての市場に開かれ、オリジナルで巧妙、そして組み立て作業を容易にし環境を考慮に入れた機能的なシステムを作り出します。