5500人の従業員

発明の150年

2015年、そして明日の未来

1865 - 1924

イノべーション企業の誕生
全てはクリップファスナーと1000にも及ぶ特許の誕生をもたらすことになるスナップボタンの基本構造「ばね」というシンプルかつ素晴らしいアイディアから始まりました。

1925 - 1954

鍛鋼のマスター
1925年より自動車産業の為に初の鍛鋼クリップを世に出しました。 その力学的特性(スプリング効果)でメーカーの要望に応える事が出来ました。

1955 - 1975

プラスチック革命
1960、70年代よりプラスチックは未来の重要な素材とみなされ、 自動車製造メーカーはに侵食、振動、重量、気密性の問題を解決する素材として賞賛されていました。ARaymond ネットワークもその素材から着想を得た。

1975 - 1999

テクノロジーの前進
接合技術や素材の習熟は流動コネクタや構造的接着などの新しい専門技術の誕生をもたらしました。

2000 - 2015

生産性の新たなる進路
今日専門技術はグローバル化し、開発は協力と多様化のアプロ ーチの一環をなします。